商標登録の難しさ

特許庁の電子図書館でも調査を行うことは誰でもできます。しかし当て字、一文字違いなど入力が少しでも異なれば検索されません。商標調査は文字・形の類似だけでなく、
発音(呼称)や意味(観念)も類似性を調べる必要があります。

さらに登録目的によっては、世界的な商標調査が必要な場合もあるのです。
このような調査を電子図書館だけ行うことはできません。
結果的に電子図書館では調査漏れが多く出ます。

もし調査漏れが起これば、他人の権利を侵害する可能性や特許庁に登録が却下(拒絶)され修正手続きのために登録が遅れるといったことなどが考えられます。また登録されても他者が類似しており商標権が侵害されていると考えた場合さらに他者が先に商標登録すれば、致命的な損害を被りかねません。商標調査を一般の個人で行うことは不可能ではありません。しかし特許事務所に依頼する場合に比べ、個人の場合は時間がかかり、調査精度が落ちます。
リスク回避のためにも、商標調査はスキルをもった特許事務所に調査を依頼することをお勧めします。また調査を早急に行いたい場合、早急調査サービスを行う事務所に依頼するのがよいでしょう。

拒絶

特許庁が商標登録を行なわないことを拒絶といいます。
登録を行なわない理由としては識別性が無いことがあげられます。

  • 先に登録された商標と同一・類似である。
  • 普通名称である(パソコン、時計など)
  • 記述商標である(産地、原料など)
  • ありふれた氏名、名称である

拒絶された場合、弁理士は意見書を特許庁に提出し拒絶の不当を審査官に伝え、登録査定とするよう試みます。

  • 「そうか。
    やはりここは特許事務所に早急に商標調査してもらうぞ。」

次は商標事務所を選ぶ際のポイントを解説します

Posted at 2007-3-24

商標ナビのトップに戻る