商標の類似って何?

「商標の類似」とは、「商品/役務(サービス)」について出所の混同を生じる程度に似ている現象」と理解することができます。
商標は識別標識ですから、「商標Aが付された商品/役務(サービス)」と「商標Bが付された商品/役務(サービス)」との間で出所の混同を生じれば、商標Aと商標Bとは類似しているということになります。

商標の類似に関する基本的な考え方

商標の類似の判断は、基本的に、次の3つの観点から行われます。

外観類似
商標の外観そのものが互いに似ていることをいい、視覚の観点からの類似です。
例えば、「SONY」と「SθNY」
称呼類似
商標から導かれる「発音」が互いに似ていることをいい、聴覚の観点から類似です。
例えば、「SONY」と「ソニー」
観念類似
商標から想起される観念が互いに似ていることをいい、意味の観点からの類似です。
例えば、「王様」と「キング」
なお、観念類似は、外観類似や称呼類似に比して、類似判断に占めるウエートが小さいとされています。

商標の類似判断に加味される重要要素

商標は、以下の要素をも考慮して類似であるか否かが判断されます。

取引の経験則
商標が使用される商品/役務(サービス)に応じて、取引の経験則が極めて大きく相違する場合も珍しくなく、ある商品/役務(サービス)に使用する場合は類似とされても、別の商品/役務(サービス)に使用する場合は非類似とされる場合もあります。
取引者、需要者の通常の判断力が基準
例えば、英語表記の商標があったときに、英和辞典を引かなければとても理解できないような意味をもってして類似とすることは、誤りであるとされます。
対比観察と隔離観察
2つの商標同士を並べて比較するのが対比観察で、時間や場所が離れた状態で比較するのが隔離観察です。
特に、実際の取引では、時間や場所が離れた状態で商標を比較することが多いので、隔離観察の判断結果が重要となります。
対比観察では些細な相違もわかるので非類似と思われても、隔離観察された場合には些細な相違は無視された結果、最終的に類似と判断されることがあります。
全体観察と要部観察
商標全体同士を比較するのが全体観察で、特に需要者の注意を引く要部同士を比較するのが要部観察です。
全体観察と要部観察とは、どちらに偏ることなく同じようなウェイトで判断されます。
分離観察
例えば「文字と図形との結合商標」の場合に、商標の一部の構成要素である「文字のみ」あるいは「図形のみ」を取り出して比較するのが分離観察です。
分離観察を行う場合は、常に商標全体というものを考える注意が必要です。
社会構造の変化、市場構造の変化、経済情勢の変化等

いずれにしても、商標の類似判断は、極めて高度な知識と経験が必要となり、このために弁理士に依頼するといっても過言でないでしょう。

なお、商標を比較する場合、必ず「商品/役務」とのセットで考える必要があります。商品/役務同士が同一または類似である場合に限って、商標の同一または類似が意味をもってきます。

Posted at 2007-3-23

商標ナビのトップに戻る