商標登録の自己出願の危険性

多くの人が商標事務所に依頼して商標出願をします。
自分で出願した方が安いのにもかかわらず、なぜ、お金を払ってまで出願を依頼するのか?
ここでは多くの人が自己出願せずに商標事務所に依頼する理由を説明します。

登録するつもりなら自己出願してはいけない

商標事務所に依頼した際の費用を節約するため、
知識がない人の中には商標事務所に出願依頼せずに、自己出願をする人がいます。

しかし、
商標登録出願は、商標事務所によって、結果が全く異なってきます。

具体的には、以下のようになってしまう可能性があるのです。

  • 商標を登録できなかった!
  • 侵害されやすい商標権になってしまった!
  • 権利として活用しにくい商標権になってしまった!
  • 非常に労力がかかってしまった!

もちろん、トータルでかかる費用は安いに越したことはありません。

しかし、抜けのない商標登録出願をしたいのであれば、
きちんと商標事務所に依頼するべきです。

それでは、なぜ商標登録出願を依頼しなければならないのでしょうか?

出願を事務所に依頼しなければならない3つの理由

ここでは、なぜ事務所に依頼しなければならないのか、という3つの理由を説明します。

自己出願は非常にコストと時間がかかる

自分で商標登録出願をするとなると、
商標調査 書類作成 出願手続きなど、
結局、非常に労力と時間がかかります。

また、出願できても、審査で拒絶された場合、登録するためにはさらに料金が必要となり、意見書 補正書の提出 審判請求など、非常に高い手数料と、専門知識が必要となります。

登録の可能性が大幅にへる

商標は出願したからといって、必ず登録されるわけではありません。
商標出願登録までの流れの中で、どこかで問題があると登録は認められません。

商標事務所に依頼すれば、提出書類に不備があることはありえませんし、きちんとした調査のもと商標出願しているので、高い確率で商標登録することが可能です。

無駄な商標を出願してしまう

商標事務所に出願を依頼することで、しっかりした調査をしてもらえます。調査をした結果、
「商標登録するべきではない」
「ビジネスとして活かすことは難しい」
などの提案や意見が出ることもあります。

逆にこのような意見を聞かずに、出願してしまうと、運良く登録できたとしても、全く権利を活かすことができない商標になってしまい、無駄な労力とコストをかけてしまっていることは間違いないでしょう。

次はありがちな不完全な商標調査について解説します

Posted at 2007-3-23

商標ナビのトップに戻る