Q1-1 商標権にはどんな機能があるのでしょうか?

A1-1
商標権を得ることで自他商品等識別機能、出所表示機能、品質等保証機能広告宣伝機能を得ることが出来ます。

商標の4機能

自他商品等識別機能
他の商品(サービス)と区別する機能
出所表示機能
一定の出所から提供された商品(サービス)であることを認識する機能
品質等保証機能
その商品を付した商品(サービス)であれば、同一の品質(質)を有することを保証する機能
広告宣伝機能
様々なPR活動の中で商標が使われることにより、ブランド化されていく機能

商標の機能の具体例

商標権の最も重要な機能として、自社の商品と他社の商品を区別する機能が挙げられます。ここから様々な機能が派生しています。モルツはサントリーのビール、スーパードライはアサヒのビールといった具合です。これにより、「その商品を作っている会社はあそこだ」とか、「アサヒスーパードライはあの味だな」といった具合に安心感がありますし、一定の品質も保証していることになります。
ただそこに行き着くために企業は多額のお金をかけ、日々プロモーションを行っています。従ってこのブランドを傷つける行為をされたり、第三者に同じ商標を付した商品を販売されることがあれば、企業としては大きな損失となりますので、法律上で保護する必要があります。
その際に、商標権という形で権利を取得していれば、その商標を使っている者に対し、権利者は差止請求権や損害賠償請求権を行使することができますので、速やかな防衛策をとることも可能となります。

Posted at 2007-5-13

その他の質問

商標ナビのトップに戻る