Q1-2 商標における「類似」と「同一」の違いとはなんですか?

A1-2
商標は標章(マーク)と商品等の二つの類似性を見ることで商標同一か商標類似かを判断します。下の図は簡単に類似と同一を区分したものです。つまり標章と商品等のどちらかが非類似であればその時点で商標も非類似となります。

類似と同一

商標同一
標章同一 + 商品等同一
商標類似
標章類似 + 商品等同一
標章同一 + 商品等類似
標章類似 + 商品等類似

商標権の効力と類似

単に商標権のもつ効力について簡単に説明すると、商標権には専用権と禁止権という範囲があり、専用権は自分の商標と同一のものについて独占排他権を有する権利、禁止権は自分の商標と類似の範囲についての排他権のみを有する権利です。つまり商標が同一か類似かでできることが異なるので、この類似と同一の概念を考えることが非常に重要になってきます。

標章の類似性

通常は、標章の類似性が重要で、標章には類似性を判断する基準として外観、称呼、観念があります。
それぞれ例を挙げると、外観類似(「ライオン」と「テイオン」)、称呼類似(「NHK」と「MHK」)、観念類似(「キング」と「王様」)などが挙げられます。全ての商品・役務には、類似関係を示す「類似群コード」が付されていて、商品/役務の類似関係を判断する際には極めて重要な判断材料となります。

類似と同一の補足

詳細な類似と同一の基準は、[pdf]商標法4条1項11号の商標審査基準(特許庁HP)をご覧になってください。
ただ、離隔的観察、全体観察、結合商標では分離観察など、専門的な判断が必要となるケースもありますので、弁理士に相談にするのが確実でしょう。

Posted at 2007-5-13

その他の質問

商標ナビのトップに戻る