A6-2
どちらでも可能ですが、弁理士に鑑定を依頼する場合は特許庁がやることを費用を掛けて短期間で行ってくれます。

自分が今まで使用していた商品またはサービスが同業他社と同じようなものであった場合などで、自社の有する商標権の侵害であると警告をしたい場合の確認の方法をここでは説明いたします。逆に警告を受けた場合も同様です。

特許庁の侵害判定制度を利用する

特許庁の場合、侵害判定制度というものがあり、商標権の効力についての鑑定的意見を求める事が出来る制度です。裁判になるとどうしてもコストがかかってしまう、無用の紛争を起こしてしまう、そのようなことを防止するための制度と言えるでしょう。多少の印紙代がかかりますが、総合的には弁理士に依頼するよりはコストを抑えられます。

弁理士に依頼する場合

弁理士に鑑定を依頼する場合は、特許庁がやることを費用を掛けて短期間で行ってくれます。緊急を要す場合は弁理士に依頼した方が良いでしょう。

Posted at 2008-7-15

商標ナビのトップに戻る