A6-1
まず商標登録出願をするに当たってまず最初にすべきことが商標の先行技術の調査です。登録の可能性を高めるためにも、極めて重要です。

なぜ先行技術の調査を行うのか?

出願しようとする商標と同一又は類似する商標が他人に出願されていたり登録されていたりする場合は、登録にならないこともあるため、拒絶されてしまい、せっかくのかけた経済的・時間的コストの無駄になってしまうからです。
商品・役務の販売後に他者が既に商標登録を先にしていると分かった場合、商標登録に至らないだけではなく、ライセンス料を支払いながらの販売になることや販売をやめる必要性が出てくるおそれがあるためです
似たような商標の審査経過を調べる事は自分の商標が登録できるかを確認するのにも極めて有用な方法であると言えます。

先行技術調査の方法

先行技術の調査方法としては商標事務所に依頼するほか、IPDL:特許電子図書館の商標検索サービスを利用したり、商標公報を調べるのも有効です。

Posted at 2008-7-11

商標ナビのトップに戻る