Q4-8 商標権の侵害に対しての損害賠償請求権とは?

A4-8
商標権者もしくは専用使用権者は、もし商標権を侵害された場合、裁判所への訴訟提起をすることで、それによって被った損害賠償を求めることができます。

補足

商標権を侵害された場合の権利者への救済手段の一つとして損害賠償請求権があります。故意または過失による侵害で生じた損害の賠償を請求することができます。実務上利用されやすい救済手段です。商標権または専用使用権を侵害した者は、商標権が広報などによって一般に公開されたものである以上、その侵害行為に対して過失があったものみなされます。

損害賠償額はどのように定める?

侵害行為がなかった場合に獲得できたと予想されるだけの利益を損害額として定めることが出来ますが、実際には、侵害行為により侵害者が受けることを出来た利益を立証する方が立証が容易なために、損害額は後者となることが多いと言えます。その立証さえ出来ない場合はその商標権の使用料を損害賠償額として請求することも可能です。

Posted at 2008-7-25

その他の質問

商標ナビのトップに戻る