Q3-3 商標の電子出願とは?インターネット出願に一本化されるって本当?

A3-3
特許庁ではISDN回線からの出願とインターネットからの出願と2通りを従来採用していましたが、それがインターネット出願に一本化される事が決定しました。

電子出願とは?

特許庁では、平成17年10月からインターネットを利用した電子出願の受付(特許・実用新案、意匠、商標、審判、PCT国内段階)を行っております。また、平成19年1月から、PCT国際出願についても、インターネットでの受付を行っております。PCT国際出願は日本語だけではなく英語でも可能となっています。

インターネット回線一本化

また、一本化というのは現在2通りある電子出願の方法が一本化されるというだけで、従来の書類を提出する形式での出願も勿論これからも実施され続けます。特許庁において今まではISDN回線を利用した電子回線での出願とインターネット出願の2通りの電子出願を行っていたのですが、インターネット利用者が大幅に増加し、ISDN回線利用者が年々減少していることから、平成22年3月末にISDN回線を利用した電子出願を廃止し、平成22年4月からインターネット出願へ一本化する事が決定しています。

Posted at 2008-7-14

その他の質問

商標ナビのトップに戻る