A5-5
このケースにおいて書体を変えただけでしたら、かなりの確率で救済されます。

不使用取消審判とは?

商標法において、商標登録後に3年以上使用の意志がないとみなされた場合は取り消すことができるかどうかの審判を請求することを認めています。この審理を不使用取消審判といいます。
不使用取引審判とは使用のする意志のない商標を認めていても、逆に商標権者の業務上の信用を失うことになり、経済の発展につながらないと考え、その使用を望む第3者ためにこれを開放するべきであるという観点より実施されている制度です。

登録商標の使用の概念

「不使用」に該当しないためには、登録商標を指定商品等に使用していることが求められます。類似範囲(禁止権の範囲)の使用では「不使用」となり、取消の対象になります。
ただ、商標法50条第1項で、社会通念上同一と認められる商標を使用していれば登録商標の使用に該当すると規定されており、具体例が示されています。

1. 書体のみに変更を加えた同一の文字からなる商標
2. 平仮名、片仮名、ローマ字を相互変換し、かつ同一の称呼及び観念を生ずる商標
3. 外観において同視される図形からなる商標
4. 上記以外の社会通念上同一と認められる商標

従って、今回のケースは1.に該当するので登録商標の使用となり、不使用取消審判の対象外になると考えられます。色違いの商標を使用していた場合には登録商標の使用と認められています(商標法第70条)

実際に審判を請求された場合の対応

すでに審判を請求されていますので、登録商標を使用しているということを商標権者自身が証明する必要があります。この場合の立証責任が商標権者側にあることに注意してください。今回は、上記の理由から社会通念上同一と認められる商標を使っており、不使用取消審判の対象外である旨を述べればOKです。

Posted at 2008-7-22

商標ナビのトップに戻る