A5-1
商標は登録は使用することを前提とせずとも登録をすることが出来ますが、他の人の不利益となるために使わない商標を取消す事が出来る不使用取消審判という制度を採用しています。

不使用取消審判とは?

商標では「不使用取消審判」という制度が設けられています。これは何人であっても請求できるので、ある日突然、全く知らない人からこの審判を請求されて商標が取消されてしまう可能性があります。注意しましょう。

Posted at 2007-5-13

商標ナビのトップに戻る