Q2-2 自分の名前で商標登録の要件を満たすことができるでしょうか。

A2-2
名字は一般には普通に用いられたりありふれたものと見なされますが、例外規定として商標法3条2項を満たす場合、登録が認められることもあります。

「普通に用いられる方法」とその例外

まず、苗字の出願を考えた場合、苗字は商標法3条1項4号の「ありふれた氏または名称を普通に用いられる方法で表示する標章のみからなる商標」に該当しますので登録にはなりません。ただ、「普通に用いられる方法」ではない場合や、3条2項の例外規定により「需要者が何人かの業務に係わる商品であることを認識できるに至った」場合には、例外的に登録が認められる場合があります。

登録する際の注意

自分の氏名については、商標法4条1項8号に「他人の氏名は登録できない」旨の記載がありますので基本的に同姓同名の方がいれば、登録できません。その方の承諾を得れば使用できる旨の記載がありますが、現実的にすべての方の承諾をとるのは難しいので権利をとれる可能性は非常に低くなります。仮に登録されたとしても26条1項1号により自分の名前を普通に用いる範囲でなら使い続けることができるようになっています。

Posted at 2007-6-21

その他の質問

商標ナビのトップに戻る