Q10-5 国際商標事務所と普通の商標事務所では何が違うの?

A10-5
同じ商標事務所である以上、業務として行っていることには何も変わりはありません。

商標事務所の業務範囲

弁理士法4条1項に、弁理士の業務として「国際出願」「国際登録出願」に関する事務を行える旨が記されていますので、国際がつくか否かに関わらず弁理士の取り扱うことの出来る業務範囲は定められています。
「国際」と事務所名に入る事務所は、その事務所の「特徴・カラー」として国際出願などの国際関連の業務に力を入れていたりする場合です。逆に「国際」と名の付かない特許事務所だからといって国際出願等の業務を行っていないというわけではもちろんありません。

詳しい企業の知財部、特許・商標事務所の仕事については
知財お仕事ナビQ&A
などもご覧下さい

(required)
(required)

 

Posted at 2008-9-26

その他の質問

商標ナビのトップに戻る