Q10-6 知的財産管理技能検定とは?

A10-6
「知的財産管理技能検定」とは、国家資格制度である技能検定制度の職種の一つである「知的財産管理」職種にかかる検定です。知的財産教育協会が2004年より実施してきた「知的財産検定」が、2008年7月より完全に移行したものが本検定であり、民間資格であったものが国家資格として認定されました。引き続き知的財産教育協会が指定試験機関となっています。団体受検する企業も、多くの知的財産を抱える大手企業が名を連ね、注目度の高さが伺えます。

受検生の目的とレベルに応じた幅広い選択肢

知的財産に関する資格の代表格である「弁理士」資格は合格率1桁代の超難関資格です。それゆえ、敷居が高く、これまで知財に関わる資格の勉強として気軽にできるものがありませんでした。
そこで、知的財産管理技能検定では1級、2級、3級といった形の級制度をとり、受検生の目的および学習レベルにあわせて受検できる点が大きな特徴です。開催地も東京のみならず、大阪、名古屋、岡山、札幌、福岡、北海道など受検する環境も整備されています。

試験の特徴は?

知的財産管理技能検定の試験内容には以下の二つの特長があります。

             

  • 特許・実用新案・意匠・商標・著作権などに代表される知的財産に関する幅広い知識が問われること
  • 業務上頻繁に必要となる知識について問われ、業務知識と法律知識がバランスよく出題されること

法律知識のみではなく業務知識があわせて問われるのは、「知財部スタッフとしての能力評価指標」という役割を知的財産管理技能検定が担っているためです。受検者は、この検定を通じて「自己の業務等における知的財産全般に関する問題点を発見し、対処できるようになること」が求められています。

知的財産管理技能検定1級の特徴

各級受検者数に占める認定者の割合 1級は、知的財産に関する問題解決能力を総合的に評価するもので、企業の知財部や法務部、さらには弁理士などの専門家を対象としています。合格率約5%の最難関の民間試験としても知られ、知的財産管理技能検定1級を取得していれば、ヘッドハンターから声がかかるともいわれています。1級と準1級では同じ問題が出題され、正答率によって認定内容が異なります。

知的財産管理技能検定2級の特徴

2級は、もう少し敷居を低くし、知財部等の専門部員に限らず、研究開発、経営企画、広報、営業など企業人全般や学生なども含めた幅広い人材を対象としています。弁理士受験生の弁理士試験予備練習としてや、就職・転職の際の自己PR項目としても活用されており、検定の用途が多岐に渡っていることが伺えます。

Posted at 2008-11-7

その他の質問

商標ナビのトップに戻る